穴場の隠れ優良ホワイト企業を紹介見てみる

【緊急対策】23卒8月NNT(無い内定)が今からできること

「どこにも受からず、しんどい・・・」

「今現在の就活生の内定率が気になる」

「これからでも新卒での就活は間に合うのか知りたい」

わっきー

この時期にNNTは焦りますよね・・・

NNTとは、「無い内定(NaiNaiTei)」を略したSNSなどで発生したネットスラングです。「就職活動中にどこの企業からも内定や内々定がもらえていない」状況を指します。これは、就活生としては、なんとしても避けたい状況です。

出典:キャリアチケット

頑張っているのに全然内定がもらえない。

まるで全否定されているような気持ちになり

自分は社会に必要とされていないのかな・・・

などと思ってしまう人もいます。

わっきー

私もFラン大留年からの就活という不利な状況を体験していますので、弱気になってしまう気持ちはわかります

ですが、現在就活がうまくいっていないのは、あなた自身に価値がないなどという抽象的な理由ではありません。

原因は上手に就活を立ち回れていないことにあります。

結論から言うと、現時点で無い内定の方は就活のプロに頼ることをおすすめします

具体的な解決法ですので、ぜひ参考にしてください。

\この記事を書いた人/
  • 食品メーカーの営業を15年経験
  • 東証一部上場の食品メーカーに新卒入社
  • Fラン文系サボり留年から就活成功
  • 更にホワイトな企業に転職成功
  • 優良ホワイト企業探しが趣味
  • 残業減で副業開始→本業収入超え達成
こんにちは!
編集長の
わっきーです
目次

23卒の現在の内定率

4月1日の調査時点で内定を得ている学生は全体の46.5%。先月(3月1日)の28.6%から1ヶ月間で17.9ポイント増え、4割を大きく超えた。

出典:㈱ディスコ キャリタス就活2023 学生モニター調査結果

23卒の新卒者1,265人を対象に調査を行ったところ、4月1日時点で46.5%が内定を得ているという結果でした。

また、就職先を決めて活動を終了したのは全体の1割強(15.7%)で、大半は就職活動を継続しているとのことです。

5月には最終面接も多くなる為、さらに内定率は高くなります。

過去のデータを見ると、6月1日時点では、約7割の就活生が内定を得ています。

7月には内定率は8割超えとなるのが普通です。

内定が取れない人の特徴

なかなか内定が取れない人には、以下のような共通する特徴が見受けられます。

有名な企業ばかり受けている

いわゆる「大手病」と言われるものです。

例えば2023年版の就職四季報も、こういった大企業ばかり載っているものを使って企業探しをしていませんでしたか?

就職四季報 企業研究・インターンシップ版

テレビCMをよく流していたり、自分がサービスをよく利用するBtoCの大手企業は、就活生からの人気も高く、狭き門になりやすいです。

世の中には名前を知られていなくとも、優良なBtoB企業は山のようにあります。

例えばこちらの就職四季報は、中小企業に絞ったもので、大手よりも倍率の低い優良企業探しに役立ちます。

就職四季報 優良・中堅企業2023年版

企業探しの段階で大手だけに絞ってしまっているのであれば、倍率の低めな中小企業へターゲットを絞り直すことが必要です。

コミュニケーション能力を勘違いしている

「コミュニケーション能力には自信がないから・・・」と思っている人は多いと思いますが

体育会系で声の大きい人=コミュ力高い

ではありません。

就活の場で求められるコミュニケーション能力は、以下のようなものです。

・相手の話をしっかり聞いて、内容を理解する努力ができる
・聞かれたことに対し、誠実に返答ができる
・背伸びをしすぎずに、等身大の自分をアピールできる

これらができていない場合、就活を行う中での自分の行動や言動を変えていきましょう。

特に過去の失敗を真摯に反省し、前向きに活動しようと努力できる人は、人間性の評価が高まります。

将来のビジョンが無い

内定が欲しいあまりに「自分はこうなりたい!」という将来のビジョンが中途半端なまま、やみくもに多くの企業にエントリーしていないでしょうか。

ビジョンが無い場合、いわゆる「就活の軸が無い」という状態に陥ります。

自己分析がし切れておらず、自分の価値観すらわからないまま就活をしていては、相手の企業に「この人はうちに入った時にどんな社員になっていくんだろう」と思われてしまいます。

企業側に「こんな価値観を持っている人なら、この仕事で活躍してくれそうだ。長く働いてくれるかもしれないな」とイメージさせるためには、今一度、自己分析のやり直しが必要かもしれません。

内定無しのまま就活が終わってしまったらどうなる?

内定無しのまま就活を終えた場合

・既卒で就活
・就活留年
・起業する
・大学院に進む
・専門学校に入り直す

などの選択肢があります。

就職できずに就活を終えてしまうと、取り返しがつかないことになるのでは・・・と将来を悲観的に見てしまいがちですが、決してそんなことはありません。

たとえ新卒での就活に失敗したとしても、いくらでも進める道はあります。

ですが、どうしても新卒で就職したい場合、人生一度きりの「新卒チケット」が失われてしまうのも事実です。

今から新卒入社したい方は、なりふりかまわず今からできる対策を取るしかありません。

【緊急用】今からできる就活対策

現在無い内定の方は

・自己分析
・企業探し
・選考の準備

これらの一部、または全てを自分で行っていた方も多いのではないでしょうか。

その結果として内定が取れていないのであれば、最終手段は就活のプロに相談するしかありません。

特に自己分析は1人で簡単にできるものではないので、マンツーマンで指導してくれる、就活エージェントの利用を推奨します。

特におすすめの就活エージェントはキャリアチケット です。

・どうやって就活したらいいかわからない
・自己分析、ES、GDなどどうしたらいいかわからない
・企業の探し方、選び方がわからない
・内定がとれない
・就活浪人か留年か迷っている

こんな悩みを持つ就活生を全力でサポートしてくれます。

就活のプロがあなたの悩みを聞く相談相手となってくれますし

早く内定が取れる、ブラック企業を避けることができる

というメリットがあります。

就活生の4人に1人は登録している人気エージェントなので安心です(21卒学生の累計登録者数から算出)

当然、登録したからと言って必ず就職しなければならないということはないので、滑り止め対策のために使う就活生もいるようです。

キャリアチケット を利用することで、最短1週間で内定を得る人もいます。

まずは内定を1つ確定させるために、早期の利用を強くおすすめします。

\ 無料で登録/

まとめ

春先にはエントリーを締め切る企業も多いです。

今から内定を取るとしたら厳しい戦いになることは間違いありません。

どうしても新卒就職したいのであれば、もう時間がありませんので就活のプロの力を頼り、まずは1社、早期内定を目指しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる